ルナメディカ-更年期と生理痛対策と暮らしの知恵

リンデロンVG軟膏は、湿疹やニキビや吹き出物など肌トラブルで皮膚科にお世話になった時に、処方されるお薬のひとつです。

炎症を抑える合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)と抗菌作用のある抗生物質の配合剤で、速効性に優れ、すぐに皮膚のかゆみ、赤み、はれなどの症状を改善したいときに効果を発揮します。

「ステロイド」と聞くと「副作用が怖い」「一度使うとやめられなくなる」などと良くないイメージがありますね。

しかし、ステロイドは、人間のからだの中でも作られている生命維持に必要な大切なホルモンの一種なんです。

腎臓の上にある副腎という臓器の外側の部分で分泌されていて、いろいろな炎症を抑える強い作用のあるホルモンなのですね。

合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)は、このいろいろな炎症を抑える強い作用を科学的に合成して作られたお薬です。

よくよく調べてみるとそれほど怖いお薬ではないことがわかりましたが、正しく理解していないことで、使用法を間違えるとトラブルを引き起こすこともわかりました。

リンデロンVG軟膏などのステロイドの副作用と注意点について紹介いたします。

スポンサーリンク

ステロイドは危険?

ステロイド外用剤には、それぞれ特徴や強さのランクがあります。
※1ステロイドは成分に違いによって薬の強さが異なり、5段階に分類されています。

リンデロンVG軟膏は、ストロング(Strong)に分類されるステロイド外用剤です。

皮膚炎がひどくなって皮膚が厚くなっているところや手の平や指、そして、足の裏などに起きた皮膚の炎症を早く治したいときなどに処方されることの多いお薬です。

ニキビの治療などにも使われますが、炎症が強い赤ニキビに適し、白ニキビや黒ニキビなど炎症がないニキビには適さないなど、症状によっては同じニキビでも合わない場合があります。

また、必要以上に強いステロイドをを不適切に使用していると、感染症の悪化、皮膚が薄くなる等といった副作用を起こす可能性はありますが、基本的に皮膚科の医師の指導通り用法・用量を守って正しく使用すれば問題はありません。

一番怖いのは、よく効くからと言って、診断されていない人や診断されていない部位、たとえば赤ちゃんの柔らかい肌や、同じ部位に医師の指導とは関係なく長期に渡って塗り続ける等、間違った使い方で症状を悪化させてしまうことです。

ステロイド剤は、薬の刺激が強すぎるため、肌が本来持つ肌バリア機能の働きを弱めてしまい肌トラブルの原因となってしまうこともあります。

使用する際には、医師の指導通り用法・用量を守り、その部分にだけ適切な量の薬を使うようにしましょう。

過去に、皮膚科でもらったからと言って、自己判断でトラブルのある部位に気軽に使ってしまいがちですが間違った使い方ですのでやめましょう。

※1
ステロイド外用剤の強さのランク

ストロンゲスト(Strongest)

  • プロピオン酸クロベタゾール(デルモベート)
  • 酢酸ジフロラゾン(ジフラール、ダイアコート)

ベリーストロング(Very Strong)

  • フランカルボン酸モメタゾン(フルメタ)
  • 酪酸プロピオン酸ベタメタゾン(アンテベート)
  • フルオシノニド(トプシム)
  • ジプロピオン酸ベタメタゾン(リンデロンDP)
  • ジフルプレドナート(マイザー
  • ブデソニド(ブデソン)
  • アムシノニド(ビスダーム)
  • 吉草酸ジフルコルトロン(テクスメテン、ネリゾナ)
  • 酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン(パンデル)

ストロング(Strong)

  • プロピオン酸デプロドン(エクラー)
  • プロピオン酸デキサメタゾン(メサデルム)
  • ハルシノニド(アドコルチン)
  • 吉草酸デキサメタゾン(ボアラ、ザルックス)
  • 吉草酸ベタメタゾン(ベトネベート、リンデロンV)
  • プロピオン酸ベクロメタゾン(プロパデルム)
  • フルオシノロンアセトニド(フルコート)

マイルド(Mild)

  • 吉草酸酢酸プレドニゾロン(リドメックス)
  • トリアムシノロンアセトニド(レダコート、ケナコルトA)
  • ビバル酸フルメタゾン(ロコルテン)
  • プロピオン酸アルクロメタゾン(アルメタ)
  • 酪酸クロベタゾン(キンダベート)
  • 酪酸ヒドロコルチゾン(ロコイド、アボコート)
  • デキサメタゾン(デカダーム)

ウィーク(Weak)

  • プレドニゾロン(プレドニゾロン)
  • 酢酸ヒドロコルチゾン(コルテス)
この記事はお役に立ちましたか?



スポンサーリンク


ルナメディカ全記事一覧

runamedica-top01-j