ルナメディカ-更年期と生理痛対策と暮らしの知恵

生理前になるとなぜか繰り返しできてしまう、あごニキビ。思春期ならニキビができやすい時期ですし、洗顔や塗り薬、皮膚科で治療をして治すことは可能でした。

ところが、大人になってからのニキビは思春期と異なり解消できない場合があります。

生理前のあごニキビがちょうどそのような状態で、悩まされている方も多いのではないでしょうか。ここではあごニキビができる原因と対策を紹介しましょう。

スポンサーリンク

生理前や生理期は肌バリア機能が低下

生理の周期に合わせて卵胞ホルモンと黄体ホルモンが働いています。黄体ホルモンは生理までの2週間で急に増加しますが、それが肌荒れを起こし、ニキビやかゆみ、乾燥といった不安定な状態を引き起こします。

seirisyuki

肌の抗菌ペプチド(病原性微生物の攻撃から身を守るもの)が黄体ホルモンの増加で減り、肌バリア機能が低下するのです。

大人のニキビはUゾーンにできる

思春期のニキビと大人のニキビは違います。思春期は皮脂線の多いおでこや鼻といったTゾーンに集中しますが、大人になるとあごやフェイスラインといったUゾーンにできやすくなります。

これは肌荒れや乾燥した肌にできやすく、特にあごや口周りは乾燥しがちな条件を満たしています。

あごは男性ホルモン優位の場所なので、皮脂の量がほかより多く、毛穴がつまりやすい場所です。生理前にできやすいあごニキビは、ホルモンバランスの低下やストレス、生活習慣が大きく影響し、胃腸などの消化器系の失調やビタミンBが不足していても、できることがあります。

change your bad habits

月経前症候群の症状が重い人も、ニキビができやすい場合があります。対策はスキンケアだけでなく、生活習慣の見直しなど、広い視野で考えていく必要があります。

血液循環と食生活の改善

あごの周りはリンパの流れが悪くなると、ニキビができやすいと言われています。首周りが冷える、肩こりなどの症状のある方は、リンパの流れが滞らないようにする必要があります。あまり強くせずに鎖骨周りをなでながら、周囲をリンパマッサージしてあげてください。

外部だけでなくストレッチや軽い運動などで血液循環を上げていくことも大切です。

yoga

また、ビタミン不足を補うことも忘れないでください。豊富なビタミンを含んだ食生活を心がけ、糖質や脂質の過剰摂取も注意するようにします。実は糖質制限を少ししたらニキビが治ったという方もいるくらいです。ビタミン・ミネラルが豊富で、栄養バランスに優れた食事を摂るようにしましょう。

Vitamins Concept

食生活だけでなく、月経前の辛い症状を改善するサプリメントも出ています。栄養バランスの良い食事に、サプリメントを加えて対策することもおすすめの対策法です。サプリメントの中には、薬と同じだけの成分が配合されているものもあるので、ゆるやかな効き目ですがしっかり摂れば症状が改善する場合も多いのです。

まとめ

ストレスや生活習慣の乱れを見直して、栄養バランスの良い食事を摂り、良質な睡眠を摂る習慣をつけましょう。その上で肌バリア機能を高める基礎化粧品を使うなどして対策するようにすれば、生理前の肌荒れは減っていきます。

この記事はお役に立ちましたか?



スポンサーリンク


ルナメディカ全記事一覧

runamedica-top01-j