ルナメディカ-更年期と生理痛対策と暮らしの知恵

経血の量は人それぞれですが、

■30分おきにナプキンを交換する

■8日以上出血が続く

■レバーのような大きな血の塊が混じる

など、このような場合は、危険な病が潜んでいるサインかもしれません。

出血量が多すぎると感じている人のために、カラダの中で何が起きているのかについてと対処法について紹介します。

スポンサーリンク

生理の「普通の量」ってどれくらい?

Panty liners and yellow flower on blue background close-up

頻繁にナプキンを変えないとならないと自分の経血量が多いのでは?と感じるものです。

しかし、経血量は、生理が始まってから終わるまででも違いますし、個人差もあります。

あくまでも目安ですが、通常、生理が始まってからの数日は、頻繁にナプキンを変える量となり多めです。

子宮の大きさは、人によって違います。しかし、「30分おきにナプキンを交換が必要」、「大きめのナプキンでも1時間で漏れてしまう。」「レバー上の塊が混じっている」などの場合は、過多月経といえます。

専門医受診の目安


貧血の症状がある、経血の量が、以前に比べて多くなった気がする、1年前から量が変化したと感じるなどの場合は、子宮筋腫や子宮内膜症が原因の可能性もありますので、婦人科などで診察を受けることをおすすめします。

一方で、閉経間近の更年期には、経血量が多い月、少ない月、月経のない月などを繰り返しますので、多い月にはレバー上の塊があるほどの量であっても問題はないと言われていますが、この時期には子宮体がんが起こりやすいので、体がん検査や超音波検査を受けて異常のないことを確認することが必要です。

過多月経で疑われる病気

子宮筋腫

子宮筋腫とは、子宮にできる良性の腫瘍です。

婦人科の腫瘍の中で最も頻度の高い病気です。30歳以上の女性の20~30%に子宮筋腫があるといわれています。

筋腫は、閉経になると小さくなります。そのことから、卵胞ホルモン(エストロゲン)と関係があると考えられています。過多月経、ひどい生理痛、貧血、下腹部の圧迫感などの症状があります。

症状がひどい場合は、子宮を全部摘出することもありますので、おかしいと思ったら、放置せず、早目に専門医を受診しましょう。妊娠を望む方は特に注意が必要です。

子宮内膜症

子宮内膜症とは、本来子宮の内側にあるべき子宮内膜とよく似た細胞が、子宮の内側以外の場所で発生し増殖する病気です。

子宮内膜は、卵巣から出ている女性ホルモンに反応して増殖し、生理のたびに剥がれて出血として出てきます。

しかし、子宮の内側以外にできた子宮内膜は、出血しても出ていくところがありません。そのため、古い血液が子宮の壁や卵巣の中やお腹の中にたまり、子宮や卵巣といった周りの組織に癒着を起こします。ひどい生理痛、生理がない時でも痛いなどの症状があり、月経の多い人ほどリスクが高くなる病気です。

卵管に癒着が起こると、卵管が詰まり不妊の原因にもなります。月経を繰り返すとともに進行していく病気ですので、初期の段階に発見し、それ以上進行させないことが大事です。妊娠を望む方は特に、一度検査をして早めに治療することをおすすめします。

その他の月経過多

月経過多の場合、子宮筋腫、子宮内膜症などがまず疑われますが、その他にも月経過多となる病気はいろいろあります。

原因がはっきりしないものもありますので、経血量が最近多いと感じている場合は、自己判断せず、専門医を受診しましょう。

月経過多対策

Woman having menstrual pain or stomach ache

月経過多の原因はさまざまですので、対策法もそれぞれの原因によって異なります。

一番の対策法は、放置しないことです。月経過多は貧血を引きを超しますので、バランスの良い食事を心がけ、カフェイン摂らない、禁煙を心がける、食部繊維の豊富な食べ物を食べるようにしましょう。

過多月経の人におすすめナプキン

パーフェクトブロック40cm羽つき

sanitary4 sanitary2
従来のナプキンの2倍の吸収スピードで瞬時に経血をナプキン内部に引き込みます。

▼パーフェクトブロック40cm羽つきについては、こちらのページでも詳しく紹介しています。
生理の量多い人向けナプキン!パーフェクトブロック40cm羽つき



まとめ

生理の量は、人によってまちまちですが、貧血などの症状があったり、1年前に比べて明らかに量が多くなっている。いつもと違う。など違和感を感じたら、病気が隠れている可能性もありますので、放置せず、まず医療機関に相談することをおすすめします。

食べ物に気を付ける、生活習慣を整えることも大切です。規則正しい生活を心がけましょう。

こちらの記事も人気です
PMSの辛さ夫に理解してもらうための5つの方法
男性には女性特有の生理の辛さがわかりません。こういったことが理由となり、「パートナーに八つ当たりしてしまう」という方もいるのではないでしょうか。理解を得るために多くの方が実践していることをまとめました。
生理不順放置はこんな危険が!妊娠を望むなら今すぐ対策
生理不順の状態をそのままにしておくと、将来的な不妊の症状に陥るだけではなく、早期閉経や若年性更年期障害の症状に悩まされることに今すぐ実行したい対策法を紹介します。
この記事はお役に立ちましたか?



スポンサーリンク


ルナメディカ全記事一覧

runamedica-top01-j