ルナメディカ-更年期と生理痛対策と暮らしの知恵

まず更年期障害とはどういった症状であるか知っていますか?

更年期障害とは、中年以降の女性において、卵巣の機能が低下する事により女性ホルモンであるエストロゲンの量が減ってしまう事により起こる症状の事を意味します。

一般的には、50才を前後して発症する事が多く、その症状としては肉体面だけではなく心理的な面においても影響が及びます。

更年期障害の主な症状

肉体面においては、不眠を始め、疲労感、ほてり、動機、めまいなどといった症状が現れる様になり、心理面においては、うつを始め、イライラ、情緒不安定などといった症状が挙げられます。

対象年齢に該当するおよそ8割の方たちが、更年期障害により、いずれかの症状を発症しているといった報告があり、そのうちの半数近くの方たちがそれにより日常生活に支障が出てしまっているといった状況であると言えます。

更年期障害とローヤルゼリー

bee-38

そんな加齢とは切っても切り離せない更年期障害ですが、ローヤルゼリーを使う事によって、その症状が改善に向かう効果が期待されるといった話があります。

これはローヤルゼリーに含まれている、デセン酸といった成分が有効であるとされており、このデセン酸が、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きを見せるといった効果が報告がされています。

これによりホルモンバランスと自律神経のバランスをコントロールするエストロゲンの働きを代わりに行う事が可能となり、デセン酸の成分には注目が集まっていると言えます。

そしてローヤルゼリーにはその他にも更年期障害に有効とされる成分が含まれており、そのもう一つがアセチルコリンといったものです。

このアセチルコリンとは、自律神経のバランスを整えるといった効果があり、実際に更年期障害と診断され、病院で処方される薬の中にも同じ働きをする成分が含まれている事から、効果が期待出来ると言えます。

アンチエイジングにも効果

更にはアンチエイジングにも良いとされており、加齢によって様々な悩みを抱えている女性にとっては見逃せないものである事が伺えます。

そんな万能薬とも思えるローヤルゼリーですが、その一方で摂取において注意しなければならない点があります。

使用上の注意点

ローヤルゼリーは過剰摂取をしてしまうと、まれにアレルギー反応を起こすという副作用が確認されており、その摂取量について注意が必要になると言えます。

また既に何らかのアレルギー症状を抱えている方が摂取した場合には、副作用としてアナフィラキシーショックを起こしてしまったという報告もされており、ローヤルゼリーを摂取する際には注意が必要になると言えます。

この記事はお役に立ちましたか?



スポンサーリンク


ルナメディカ全記事一覧

runamedica-top01-j