ルナメディカ-更年期と生理痛対策と暮らしの知恵

40代も半ばを過ぎ、毎月定期的に来ていた生理が不順になり、気持ちがもやもやしたり、イライラしたり・・・

ほてりや寝汗、頭痛になやまされたりと心や体にさまざまな症状があらわれて、「これって更年期障害?」と体内で起こる変化に戸惑い不安になったということはありませんか?

このお年頃の女性の体の中では一体何が起こっているのでしょうか?

更年期とエストロゲン分泌量の関係

日本人の女性が閉経を迎える年齢は、50~51歳といわれいます。

更年期は、閉経を挟んだ10年間、一般的には45歳~55歳と呼ばれていますが、中には、40歳前半で閉経を迎える女性もいますので、更年期障害の始まる時期には個人差があります。

そして、閉経にともない卵巣の働きは衰え、女性ホルモンである「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌が急激に減少していきます。

【女性のエストロゲン分泌量の変化】

estrogen2

エストロゲンの減少が更年期障害の正体

不調の原因はエストロゲンが急激に減少したから

エストロゲンの減少に伴い、体や心にさまざまな症状が現れます。更年期に起こる体の不調は、この急激な変化に体がついていけなくなって起きているようです。

エストロゲン減少に伴う様々な症状

010704-38

更年期障害の症状は、ホットフラッシュ頭痛、吐き気、起きられないなど人によってその症状もさまざま。自律神経の調節が上手くいかなくなり、イライラしたり、落ち込んだり、更年期うつといった症状に悩まされ、中には、日常生活も困難になってしまう方も。

更年期障害を軽減する方法

このような症状に陥ってしまった場合には、どのような対処法があるのでしょうか?

ホルモン補充療法(HRT)

減少したホルモンを、薬で補う治療法として、更年期障害を根本から治療するホルモン補充療法(HRT)があげられます。 しかし、エストロゲンを長期間単独で使うと、子宮内膜増殖症や子宮体がんを発症するリスクが高まるといわれています。

また、筋梗塞・脳卒中・静脈血栓症などの既往症がある人は病気が悪化する可能性があるとしてホルモン補充療法(HRT)を受けることができません。

ホルモン補充療法(HRT)には、このようなリスクがありますので、ホルモン補充療法(HRT)を検討する方は、医療機関で適切な検査を受け、医師と相談し治療を開始するかについての決断は慎重になさってください。

その他の治療法

更年期の症状に対する治療は、ホルモン補充療法(HRT)のほかにも、漢方薬や、プラセンタ治療、心療内科や精神科での抗精神薬による薬物療法、カウンセリングなどもあります。

Lots of pills

ヨガなどの運動や夢中になる趣味などを見つけたり、生活習慣を改善する、サプリメントを取り入れる、などのセルフケアも更年期障害の症状改善が期待されます。

yoga3

体調の変化や不調に悩んだら、まずは我慢せず、これら更年期障害対策法を試してみてはいかがでしょうか?

生活習慣の見直しやヨガや副作用のリスクの少ないサプリメントなどによるセルフケアは、効果が出るまでに時間はかかるので挫折しがちですが、安心安全な対策法です。継続が大事ですのですぐに結果を求めず、効果がないとあきらめず、数か月は同じ方法を続けてみましょう。

 

この記事はお役に立ちましたか?



スポンサーリンク


ルナメディカ全記事一覧

runamedica-top01-j