ルナメディカ-更年期と生理痛対策と暮らしの知恵

更年期障害は症状が軽い方もいれば、重い症状に苦しむ方もいます。薬を常用したくない方や、病院にかかるまでもない方は漢方薬を利用することもあるようです。ただし、体質や更年期障害にはさまざまなタイプがありますので、それに見合った漢方薬を使わなければいけません。

ここでは中医学からみる更年期障害のタイプごとの症状と、それに応じた漢方薬についてお伝えします。

不定愁訴やめまいを伴う症状

memai

更年期障害のポピュラーな症状としてあげられるのが、不定愁訴(ふていしゅうそ)と呼ばれる気持ちのもやもや感です。めまいなどの症状を伴うこともあります。

長時間立っていられない、横になっていると気持ちが楽、家事がおろそかになってしまうという方は、「痰湿(たんしつ:体の巡りに関するよどみ)」を取り除く必要があります。黄連温胆湯(おうれんうんたんとう)や抑肝散加陳皮半夏(よっかんさんかちんぴはんげ)、釣藤散(ちょうとうこう)などで体の代謝を正常化させ、体の巡りを活性化させていきましょう。

イライラの毎日をどうにかしたい!

イライラ

意味もなくイライラしてしまう、感情のコントロールができないというイライラタイプも更年期の症状として当てはまります。自律神経が乱れた状態で、「気滞(きたい)」と呼ばれています。この状態を解消するには、逍遥散(しょうようさん)や加味逍遥散(かみしょうようさん)、開気丸(かいきがん)などをオススメします。漢方薬の服用とともに、腹式呼吸などを取り入れて「気」の滞りを解消させるための工夫も併用していくと良いでしょう。

 

加味逍遙散(かみしょうようさん)は、更年期障害の症状全般に対応できる漢方です。更年期障害の第一選択薬とされており、漢方選びに悩む場合には、まず加味逍遙散(かみしょうようさん)を一定期間使ってみて、効果がなければ他の漢方に変えるのが良いそうです。

冷え・火照りに悩む方にオススメなのは?

火照り

更年期障害に関する口コミなどで、悩みが多いのが「体の冷え」やホットフラッシュといった「火照り」の問題。ホルモンバランスの乱れと自律神経の不調和が原因と考えられています。

漢方薬の世界でも、これらの体質に対応するものが多く存在します。火照りなどの症状がある「実熱(じつねつ)」体質の方には、瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)や杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)が良いとされています。また、冷えが強くなる「腎虚(じんきょ)」体質の方には、八味地黄丸(はちみじおうがん)や牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)をオススメします。

冷えにはむくみを伴う場合も多いので、体質によっては桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)なども良いと考えられています。

正しい漢方薬の使い方とは

漢方薬は医薬品という位置付けではありません。また、効き目が穏やかで副作用の心配が少ないので、長期的に続けられるのがメリットです。

生薬はそれぞれ煎じ方が異なりますので、漢方薬剤師の指導のもとで服用するようにしましょう。中には医薬品に指定されている生薬も存在します。

医師の処方薬を服用している方は、飲み合わせが禁止されているものもありますので、必ず薬剤師または漢方薬剤師に相談しましょう。

 

この記事はお役に立ちましたか?



スポンサーリンク


ルナメディカ全記事一覧

runamedica-top01-j