ルナメディカ-更年期と生理痛対策と暮らしの知恵

更年期障害になるのはまだまだ先だと思っていませんか?更年期は卵巣機能の衰えとともに女性ホルモンが減少し、閉経するまでの前後の期間のことです。40代後半から50代前半が更年期の年齢です。ところが最近は若くても更年期障害になるケースが増えているのです。

若いからといって何もケアしないと「若年性更年期障害」になる場合もあります。ここでは原因や予防方法についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

若い人でも起こる「若年性更年期障害」とは

最近は20~30代の女性にも更年期障害のような症状を感じている人が増加しています。過激なダイエットや食生活の乱れ、ストレスなどがホルモンバランスを乱して若年性更年期障害になると言われています。

ストレス

ストレスが多い職場や昼夜逆転している生活スタイル、代謝が非常に悪く常に体が冷えている方などは注意が必要です。

そもそも更年期障害とはどんな症状?

代表的な症状は、上半身や顔がのぼせているのに手足が冷たいような状態が続く「冷えのぼせ」や、めまい・むくみ・多汗などがあります。それだけでなく動悸、頻脈、息切れ、肩こり、腰痛、倦怠感などが起こることもあります。人によって症状が異なり、自分のコントロールが利かない場合もあるので、非常に辛い症状です。

Woman lying in bed holding belly because of the pain in stomac.

女性ホルモンの分泌が減少し、体にさまざまな変化が起こるので戸惑う方も多く、場合によっては日常生活に支障をきたすケースもあります。

更年期障害が起こる原因とは

女性ホルモンが減少することで脳の自律神経の調節機能が変化します。女性ホルモンが減少してくると体の不調が始まり、更年期障害の症状が起きます。

人によって症状が重い・軽いがありますが、かなり重い場合は体質だけでなく、若いころの無理なダイエット・不規則な生活や食事、ストレスなどもやはり原因となっています。

若いころの無理なダイエット・不規則な生活や食事、ストレスは、今は大丈夫と思っていても、加齢による更年期の始まる時期が人より早くなったり、症状も重くあらわれたりすることもありますので注意が必要です。

加齢による女性ホルモンの減少は避けられませんが、更年期に入る前から食生活を整えて規則正しい生活を送ることで、更年期障害を予防することはできます。

【関連記事】 無月経放置は危険!妊活や若年性更年期障害に影響する!

 

「若年性更年期障害」の対策と予防

<running in gym

万病に良いのは規則正しい生活です。これは更年期障害にも同じことが言えます。現代はストレス社会なので、自分なりの方法を見つけてストレス発散を心がけましょう。

特に食べ物は、大豆イソフラボン、ビタミンE、亜鉛(ホルモンバランスを整える)、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB12、(自律神経に作用する)を含んだ食事を意識して摂取するようにしましょう。

食べ物からなかなか摂取できないという方は、サプリメントなどで上手に補うのもおすすめです。

過激なダイエットや食生活の乱れ、ストレスの自覚のある方は、女性ホルモンが少なくなっている可能性があります。「生理不順」や、「何か月も生理がない」などの自覚症状のある方は要注意です。妊娠しづらくなっている可能性もあります。生活習慣を見直し、大豆イソフラボンやエクオールなどの、女性ホルモンのバランスを整える効果のあるサプリメントなどを生活に取り入れてみるといいでしょう。

更年期前でも更年期中でも同様のことが言えますが、適度な運動を若いころから行うように習慣付けましょう。有酸素運動などは自律神経のバランスを整えてくれるので特にオススメです。

あさイチで話題となったエクオール

エクオール

▼女性ホルモンのバランスを整えるサプリ
エクオール+ラクトビオン酸
【レビュー】エクオール+ラクトビオン酸を試してわかった効果とおすすめの理由

大豆イソフラボン効果ない人に救世主エクオール!あさイチで紹介

若年性更年期障害関連記事一覧


この記事はお役に立ちましたか?



スポンサーリンク


ルナメディカ全記事一覧

runamedica-top01-j