ルナメディカ-更年期と生理痛対策と暮らしの知恵

女性は、40代から50代の年齢になると、体内の女性ホルモンが急激に少なくなっていきます。そして、女性ホルモンの減少に伴い、更年期障害の症状があらわれます。

女性ホルモンは女性の若さや美しさには重要なものであり、毛髪の健康さや素肌のうるおいやハリの力もありますから、女性の健康と美しさをトータル的に助けてくれます。

女性ホルモンがの分泌量が減ると、身体や心にさまざまな症状があらわれます。生理前の不快な症状PMSや更年期障害は、急激な女性ホルモンのバランスの変化に体がついていけなくなったことにより起きているようです。

Mana
悲しいことに女性は、閉経に伴い卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの分泌量もどんどん減少していきます。精神的にも不安定になるのは、女性の40代から50代のホルモンの変化で、体調やメンタルへの不調が起こるのは避けては通れません。
Hitomi
でも、減少した女性ホルモンによるPMSや更年期などの辛い症状は、エストロゲンの働きににた成分を摂取することで、緩和をサポートすることができるそうですよ。

減少した女性ホルモンを補う大豆イソフラボン

Tofu and soybeans on wood background.

食事などの栄養成分によって、女性ホルモンととても似ている成分を、体内へと取り込むことができる成分として最も一般的なのが、日本人にも馴染みのある、大豆食品に含まれるイソフラボンです。

Mana
エストロゲンという女性ホルモンと似ている働きを、味噌や豆腐、納豆などにも入っている大豆イソフラボンがするのです!

大豆イソフラボンは、エストロゲンと化学構造が非常に似ていて、そのために体内でも女性特有の悩みを解消するのに役立ちます。更年期障害の症状緩和や、生理前にエストロゲンの分泌量が減ることによる月経前症候群(PMS)の症状を解消していくのにも役立ちます。体内へと入り込むと分解されて、アグリコンの形状へとかわります。こうして体の中へと伝わり、女性ホルモンとして働きます。

イソフラボンアグリコンは、辛い更年期障害特有の、ほてりの症状を緩和することになります。更年期障害を軽くしていくには、お薬を飲むよりも食事からの栄養で、女性ホルモンをパワーアップさせるのが重要です。

大豆イソフラボンは、そうした月経前症候群(PMS)も緩和させる効果があります。月経前症候群(PMS)は毎月の月経のたびに、不調を感じるので辛いものです。そんな症状にも、良い変化をもたらすものです。

生理前になると、イライラしやすくなったり、落ち込みやすかったり、体がだるいなど色々な症状があります。特に豆乳などから、大豆イソフラボンの成分を摂取するのはいいでしょう。大豆よりも消化されやすい豆乳にしてのむことで、大豆イソフラボンの成分を吸収がしやすくなります。体調もよくしてくれますし、継続して摂取していくと、美肌効果もありますから、女性にとっては嬉しいことばかりですね。

 

▼大豆イソフラボンおすすめサプリメント

基本のサプリ(キッコーマン)
kihonno_250お醤油のキッコーマンが作った大豆イソフラボンサプリ。吸収率も高く、血行を促進しめぐりをよくする妊活に必要な成分でもある葉酸も豊富で人気。

≫基本のサプリ公式サイト
大豆イソフラボン関連ページ
大豆イソフラボン効果ない人に救世主エクオール!あさイチで紹介
あさイチで、大豆イソフラボンを摂取しても日本人の3人に2人は効果が得られないという事実と救世主エクロールについて詳しく紹介します。
この記事はお役に立ちましたか?



スポンサーリンク


ルナメディカ全記事一覧

runamedica-top01-j