ルナメディカ-更年期と生理痛対策と暮らしの知恵

最近、肌のハリやたるみにほうれい線が気になる!

肌のハリやたるみに効果のある化粧品に変えてみてもイマイチ効果がない!?

肌にハリがないのはエストロゲンが原因だった!

肌のハリやたるみなどの衰えは、加齢によるものと言われています。

その根本の原因が女性ホルモンであるエストロゲンの減少にあるというのを知っていましたか?

えっ!コラーゲン不足が原因じゃないの?

hada_1

エストロゲンって何?

エストロゲン(卵胞ホルモン)は、女性ホルモンのひとつです。

女性らしさを作るホルモンと呼ばれ、コラーゲンやエラスチンの合成を促進させ、肌の潤いを保ちます。

生理前になると、ニキビや吹き出物で悩まされ、生理が終わると肌の調子が良くなるというのもこのエストロゲンの分泌量にお肌の調子が影響しているからなんですね。

加齢に伴いエストロゲンが急激に減少

月経周期と関係するエストロゲンですが、エストロゲン分泌量は、30代から徐々に減少し、個人差はありますが、40代になり更年期と呼ばれるお年頃になると急激に減少していきます。

このお年頃になり、肌のハリ、たるみ、しわなど肌の衰えを感じるのもこのエストロゲンの分泌量が関係しているためだったのです。

コラーゲン不足は、エストロゲンの分泌量が減少しているため十分に生成されないことが根本的な原因です。

アンチエイジング対策スキンケア化粧品が効かない

肌のハリやたるみに働くアンチエイジング対策スキンケア化粧品もいろいろありますが、これら化粧品を使ってみてもイマイチ効果が感じられないというお悩みの方は多いです。

その場合は、身体の内側からアプローチしてエストロゲンを増やして上げると肌への変化が実感できるでしょう。

折角購入したアンチエイジング対策スキンケア化粧品ですので、「効かない」とあきらめて、次の商品を試す前に、身体の内側からのアプローチも実践してみましょう。

大豆イソフラボンでエストロゲンを増やす!

エストロゲンを増やすためには、大豆イソフラボンを摂取するのが効果的と言われています。

010703

イソフラボンは、女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きをします。

折角購入した化粧品の効果に不満を感じたときは、大豆イソフラボンをを食生活に取り入れてみて下さい。

大豆イソフラボンをプラスしてあげただけで、新たに化粧品を買い替えることなく、いつものスキンケア化粧品で肌の調子が変化することを実感しますよ。

エストロゲンは、月経後から排卵までをピークに分泌量は増え、月経前に減少します。

月経前には、多めに大豆製品を食べるなど、月経サイクルに合わせ摂取すると美肌効果もより期待できます。

毎日の食事にサプリメントなどを併用するのもいいですね。

サプリメントは、吸収率が高いものが効果があります。大豆イソフラボンの他に女性特有の悩みをサポートする栄養成分が配合されたものが人気があります。

 

基本のサプリ(キッコーマン)
kihonno_250お醤油のキッコーマンが作った大豆イソフラボンサプリ。吸収率も高く、血行を促進しめぐりをよくする妊活に必要な成分でもある葉酸も豊富で人気。
≫基本のサプリ公式サイト

 

この記事はお役に立ちましたか?



スポンサーリンク


ルナメディカ全記事一覧

runamedica-top01-j