ルナメディカ-更年期と生理痛対策と暮らしの知恵

妊娠や授乳などの理由以外で無月経の状態が3カ月以上続く場合は、病気が隠れている場合があります。

放置すればするほど、妊活に影響が出たり、イライラ、のぼせ、うつなど更年期に似た症状「若年性更年期障害」になったり、卵巣機能が完全に停止した状態「早発閉経」という病気になってしまう場合もあるなど危険がいっぱい!

深刻な状態を招く無月経について調べてみました。

早期閉経参考記事
早発閉経の兆候?月経がない?どうすればいいの?

スポンサーリンク

無月経と早発閉経の違い

 

Mana
無月経と早発閉経の違いがよく分からない!

無月経は、卵巣機能が休止している状態です、無月経を招いている原因を排除することで卵巣機能が回復し、月経も再開します。一方、早発閉経、卵巣機能が完全に停止した状態を指します。更年期と呼ばれる年齢より若い40歳以下で無月経の状態が1年以上あり、血液中の月経に関係するホルモンの量を調べ卵巣機能が停止していると確認された場合に、早発閉経と診断されます。

 

妊娠はするの?

Rina
早発閉経って診断されると月経が再開することはほとんどないの?

 

無月経は、卵巣昨日が休止状態なので生活習慣を改めたり、通院し治療することで再び月経が来れば妊娠の可能性も高くなります。一方、早発閉経は卵巣機能が停止状態ですので、生活習慣を改めたり、卵巣機能を回復させる治療を施しても、既に停止してしまった卵巣機能が再び回復することはほとんどないと言われています。妊娠も極めて難しくなります。

無月経の原因と対策

ストレス

ストレス

 

卵巣機能と脳は密接な関係にあります。

月経は、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)と、2つのホルモンの働きによって、約28日周期の月経サイクルが生まれ、妊娠するための準備がくり返されています。

ホルモンの量は脳の視床下部で「ホルモンを出してください!」と指令を出します。

 

更年期しくみ

 

脳下垂体が視床下部からの指令を受け、2つの性腺刺激ホルモンを出し卵巣に、エストロゲンやプロゲステロンを分泌するように刺激します。

このように、脳がホルモン分泌をコントロールしています。

しかし、指令を出している視床下部は自律神経系の中枢でもあります。ストレスなどで自律神経が乱れるとホルモンコントロールも乱れ月経に異常が出ます。

 

Hitomi
ストレスが脳から卵巣への指令を混乱させるのね。だから生理が止まってしまうのか。

 

人間関係のストレス、仕事のストレス、恋愛関係のストレス、育児・家事のストレス、誰もがさまざまなストレスをかかえながら生活しています。

ストレスを感じたら、大きなストレスとなる前に、友人とおしゃべりして上手に発散したり、アロマやヨガなどで自立神経を整え、ゆったりと過ごすよう心がけましょう。

 

aroma-moji200 helth-moji200

011418aroma250

syousai130

011417yoga250

syousai130

それでも解決しない場合は、一人で抱え込まず、誰かに相談したり、カウンセリングを利用したりしましょう。

ダイエット

極端なダイエットは栄養不足となります。足りていない栄養は、生命を維持する心臓や肺、脳が優先され、生殖機能への栄養が後回しになるため卵巣機能が低下します。

極端なダイエットで無月経になるのはこのためです。

 

011412

 

成長期にある思春期のダイエットは特に危険で、将来不妊を招く恐れもあります。

Mana
ダイエットが原因で生理が止まってしまったら不妊を招く恐れもあるなんて!ダイエットはすぐ中止したほうがいいわ

 

過度なスポーツ

011414

体脂肪を落とすアスリートなど激しいスポーツが、身体的、精神的ストレスをも原因となり、ホルモン状態に影響して、無月経となる場合もあります。

トレーニング量を減らし、体重が影響している場合は、体重を増やす。ホルモン補充を行うなど、適切な治療が必要です。選手だけでなく、指導者の認識と適切な対応が大切です。

 

食生活の乱れ

fast food

ダイエットなどでの偏った食事やジャンクフードやインスタント食品、カフェインやアルコールの取りすぎも無月経の原因となります。肉や魚、卵、野菜などと栄養のバランスの取れた食生活を心がけましょう。

積極的に摂りたいのが大豆製品です。女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンが豊富に含まれています。納豆や豆乳、味噌など毎日の食事に積極的に取り入れましょう。

大豆製品が苦手、毎日の食事に取り入れるのが大変という方は、サプリメントを利用するといいでしょう。

▼大豆イソフラボンおすすめサプリメント

エクオール kihon255

エクオール

syousai130

kihonno_250

syousai130

喫煙習慣

011413

喫煙習慣が卵巣機能に有害なのは、多くの研究結果から明らかで、たばこにニコチンなど有害物質は、女性ホルモンでエストロゲンやプロゲステロンの分泌を抑制し、卵子の遺伝子異常を引き起こします。

喫煙習慣は、卵巣機能を低下させ、無月経や早発閉経を引き起こします。

 

Rina
統計では、喫煙者の流産率が高いそうよ。 閉経の時期も喫煙者の方が早い傾向にあるんですって!

 

病気が原因の無月経

病気が原因の無月経には、子宮内膜が癒着が原因の子宮性無月経、内科系の内分泌疾患など甲状腺機能障害等が原因の無月経、薬剤の副作用による無月経などがあります。放置することでエストロゲンの減少が原因して、更年期に似た症状を起こします。

無月経が病気によるものだからとあきらめて放置せず、婦人科へ行き適切な治療を受けましょう。

 

まとめ

無月経を放置すると、妊娠が難しくなってしまったり、早発閉経を招いたり、若年性更年期障害に苦しんだりと危険がたくさんです。

日頃から、無月経を防ぐ生活習慣が大切です。無月経が続いたら放置せず、まず、生活習慣を改善しましょう。無月経は放置すればするほど、治療が困難になります。生理が止まって3カ月経過してしまったら、自己判断で解決しようとせず、まず、婦人科で相談しましょう。

この記事はお役に立ちましたか?



スポンサーリンク


ルナメディカ全記事一覧

runamedica-top01-j