ルナメディカ-更年期と生理痛対策と暮らしの知恵

夏は、皮脂や汗の分泌量が増えるのでニキビが出来やすく、また、悪化しやすいですね。

また、夏の紫外線は現在進行中のニキビだけでなく、治りかけのニキビのニキビ跡が茶色く色素沈着してシミを作りやすくします。

日焼けしないように、SPF50など効果の高い日焼け止めを選んでしまいがちですが、SPF値が高いものには紫外線吸収剤が配合されていることが多いです。

Sunscreen flat icon with long shadow

SPF値は高くなれば紫外線防止効果は強くなります、その分肌への負担も大きくなります。

これが、さらにニキビを悪化させる原因となることもあります。

今あるニキビを悪化させないためには、日焼け止め選びも重要です。

ここでは、ニキビ肌のための日焼け止め選びについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

紫外線吸収剤と紫外線

日焼け止めの成分には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります

多くの日焼け止めは、紫外線吸収剤使用しています。


紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は、化学的な仕組みでエネルギーを吸収し、紫外線を自分の中に取り込んで化学反応を起こし、皮膚の中に紫外線が入らないよう防御します。

皮膚の上で化学反応が起きるので、肌に刺激を与えます。ニキビ肌や敏感肌の方が日焼け止めで肌荒れを招いてしまうのはこのためです。

紫外線吸収剤として使われている成分
メトキシケイヒ酸オクチル
ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
オクチルトリアゾン
パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル など

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は、散乱剤(パウダー)が肌の表面で紫外線を跳ね返し、紫外線の影響を防ぎます。

紫外線吸収剤のように、肌の上で科学反応を起こす有機化合物ではないので、紫外線散乱剤自体が肌にダメージを与えることはありません。

紫外線散乱剤として使われている成分
酸化チタン 酸化亜鉛 など

ニキビ肌敏感肌の人は紫外線防止剤不使用の日焼け止めを選ぶ

日焼け止めと言えばSPF30、SPF50など、SPFの値で選んでしまいがちですが、ニキビ肌の人、敏感肌の人などは、SPF値で選ぶのではなく、肌荒れの原因となる紫外線防止剤を成分としないものを選びましょう。

「無添加」「ノンケミカル」と表示されていたり、成分表示に酸化チタン、酸化亜鉛 など紫外線散乱剤を成分としているものが肌に優しく安心です。

紫外線散乱剤「無添加」「ノンケミカル」の日焼け止め

ニキビ肌の方には、ミストタイプがおすすめです。

クリームタイプは、ニキビ肌に塗ると、アクネ菌を顔全体にまき散らしてしまう心配があります。

ミストタイプなら、ニキビ肌に直接触れないので、日焼け止めの塗り直しが多くなってもその心配がないので安心です。

ミストタイプのノンケミカル日焼け止め

ミストタイプの日焼け止めならalobaby650

アロベビーUV&アウトドアミストがおすすめです。

新生児の赤ちゃんから使えるほど肌に優しく安心の全成分天然由来の100%植物由来の完全無添加。

おすすめの理由はもう一つ!アロベビーUV&アウトドアミストは、1本で日焼け止めと虫よけの2役の機能を持つんです!

主成分のアロマ成分「レモングラス油」「ローズマリー精油」が虫よけの働きをする優れもの。

最近は、蚊を媒体とした「ジカ熱」や「デング熱」などの感染症も心配になりますね。

虫よけ剤も、肌に負担となる「ディート」という化学物質がふくまれています。

まれに体への影響があるとされている成分であるため、虫よけスプレーの使用に際して厚生労働省では、ディートの使用上の注意や成分濃度などについて明示することが義務づけられています。

虫よけも、頻繁に使うと肌荒れやかゆみなどを起こすのもこのためです。

アロベビーUV&アウトドアミストは、全身に使えますので、全身の日焼け止め、虫よけ対策にもおすすめです。

気になる、SPF値は、SPF15。

日焼け止めとしては、頼りないと感じるかと思いますが、SPFというのは、何も日焼け止めをしなかった場合の皮膚が赤くならないということを表す数値です。

【SPF15の場合】

何もしなかったら20分で日焼けしてしまうところ・・

SPF15は・・・
20分×15倍=300分(5時間)まで日焼け止め効果が持続

計算上、5時間持続ならSPF15でも十分と言えますね。

実際は、ウォータープルーフタイプではないので、汗などで流れてしまうので、頻繁にスプレーする必要があります。

何度、スプレーしても、肌に直接触れず、完全無添加ですので肌に負担もないので安心で使いやすいですね。

アロベビーUV&アウトドアミスト詳細

アロベビー成分
水、BG、酸化チタン、含水シリカ、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、レモングラス油、ローズマリー精油

まとめ

今あるニキビを悪化させないためにも、ニキビ肌の紫外線対策は、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めをおすすめします。

ノンケミカルの紫外線散乱剤タイプの日焼け止めは、クレンジングなどを使わずお湯で簡単に洗い流せるので、汗をかいたらその都度気軽に洗顔ができます。

そうすることで、皮脂や汗でニキビが出来やすい環境を作らせません。

今まで、マツキヨなどドラッグストアでSPF値とコスパで選んでいた方は、成分重視の日焼け止め選びにしてみませんか?

この記事はお役に立ちましたか?



スポンサーリンク


ルナメディカ全記事一覧

runamedica-top01-j